お問い合わせは  小田原校(0465)57−0653
神奈川や静岡から通える整体学校(スクール) トップ  >>コラム一覧5  >> 背中の痛みを引き起こす疾患とは?

背中の痛みを引き起こす疾患とは?

整体学校がお届けする役に立つ健康コラム
何をやっても改善しなかったり、いつまでも長引いたりする背中の痛みは何らかの疾患によるものかもしれません。
筋肉疲労のほかに背中の痛みを引き起こす疾患には、大きく分けて二つあります。一つは骨の異常、もう一つは内臓疾患です。

骨の異常が原因のもの

神奈川の整体スクールがお届けする健康お役立ちコラム
●骨折
背骨と肋骨の骨折は、背中の痛みをともなう場合が多くなります。
とくに、骨量の減少や骨密度の低下により骨がスカスカになってしまう骨粗しょう症を発症している高齢者の女性によく見られ、ちょっとしたことですぐに骨折してしまう危険性があります。
そして脊椎ももろくなってしまうので、脊椎を成り立たせている骨が変形したり骨折したりしてしまい、神経を圧迫するなどして動くたびに痛みが起こることもあります。

●椎間板ヘルニア
脊椎(せきつい)と脊椎の間にありクッションのような役目をはたしているの椎間板が変形し、近くの神経を圧迫することが原因です。

●変形性脊椎症
加齢による脊椎や椎間板の変形により痛みが引き起こされます。

●脊椎後弯症・脊椎側弯症
成長期の発達不全や病気、姿勢の悪さなどにより背骨が大きく曲がった状態が原因です。

内臓疾患が原因のもの

神奈川の整体スクールがお届けする健康に関するコラム
●風邪やインフルエンザ、肺炎など

●狭心症や心筋梗塞など心臓の病気

●結石による痛み(腎臓や胆のう、尿路や尿管などに石ができる)

●腎臓炎・腎盂腎炎など腎臓の病気

●胃腸やその他の消化器系の炎症による痛み(胃炎、食道炎、膵炎など)

●ガンによる痛み(胃ガンや肝臓ガン、腎臓ガンなど)

●子宮筋腫や子宮内膜症など生殖器の病気


おもな原因はこれらのようなことです。
内蔵に疾患があって背中が痛くなるのも不思議な気がしますが、これは「関連通」と呼ばれるものです。
体の末端まで張り巡らされている神経は、各部位の神経が集まる部分で一本の太い束になります。そして痛みの信号が神経を通して脳に送られる際に、同じ束にある他の神経、あるいは隣の束にあるものから送られたと誤って伝わる場合があるのです。
そうすると、まったく関係のない部分が痛いのだと脳が勘違いをしてしまう、それが関連通が起こる原因とされています。

痛みがひどくなければつい放置してしまいがちですが、これらの病気が疑われる場合には一度受診して疾患がないか確認しておくと安心です。
受診の目安は、何も心当たりがないのに背中の痛みが発生したときや、体勢をいろいろと変えたり処置をしてみても和らがないとき、夜間も痛みを感じてしまうときなどです。




学校案内のご請求はこちら    
学校案内のご請求はこちら

受講コース

短期講習

1日講習

総合(セット)コース

どんな整体?無料体験できます!

授業時間

   平 日 10:30〜19:00
   日祝日 10:30〜16:00
   休校日  火曜日

メールアドレス

日本セラピストスクールなら自分のペースで学べます 日本セラピストスクールはあなたの夢を応援します

整体スクール併設サロン

スクール併設サロンリラックスの森