お問い合わせは  小田原校(0465)57−0653
神奈川や静岡から通える整体学校(スクール) トップ  >>コラム一覧4  >> 脚の使い過ぎで起こるスポーツ障害

「足底筋膜症(足底筋膜炎)」

神奈川の整体学校がお届けする健康コラム
ランニングをはじめとする足の裏を使う運動全般に起こる障害として、足裏筋膜症(足底筋膜炎)があります。足の底にある筋膜(腱膜)ですが、歩行などの軽い負荷や立ったままの静止状態でも起こり、持続的、継続的な運動によって負担がかかると、引き伸ばされることになり、結果的に引き伸ばされた部分に慢性的な炎症を引き起こします。症状としては、主に土踏まずから踵を含めた足裏の痛みが起きます。

踵の痛みは重症の場合が多く、踵骨滑液包炎の可能性があります。また、痛風やヘルニアによる腰椎から踵に繋がる神経障害の可能性もあり、神経根の障害が見られることもあります。

この足底の痛みは長時間の運動のあとに起きるとは限らず、歩き始める時の最初の一歩目から痛むことがあります。しばらく歩くと次第に痛みが治まってくる場合もあり、軽い炎症から踵の酷い痛みに及ぶことがあるため、歩行さえ困難になることがあります。踵のダメージによって治療が長期化することを避けましょう。

腰椎が関係ない場合の治療法としては、テーピングや下腿のストレッチで筋力強化を行ったり、リハビリなどで治していきます。踵部分のクッション性やホールド性を重視した靴を履くことは必須になります。足底筋膜炎の治療法の一つとして、体外衝撃波結石破砕装置(ESWL)を使った治療法が有効とされています。慢性疾患として難治性の場合に使われるとのことです。

「何かと多いランニング障害」

神奈川の整体スクールがお届けする健康コラム
筋肉はもちろん、腰や股関節から踵までに支障が出やすいランニング障害です。俗にいう使い過ぎ症候群であり、自分の肉体の限界を超えた無理な運動をすることにより、日常生活にまで支障が出るという病的なランニング中毒の方々もいます。俗に健康バカとも言われていますね。

「そこまで無理して運動しても健康になるとは限らないですよ。ランニング障害があるんだから」と言いたくなりますが、そんな人が陥りやすい骨や関節のランニング障害は腰椎のヘルニアから始まって膝の障害が最も多く、半月板損傷や、踵まで損傷すれば治療が長引きます。その結果、医者からランニング制限をされて、リハビリに励むことになる可能性もあるのです。適度な運動は必要ですが、ほどほどにということでしょう。

「膝に水がたまる?」

神奈川の整体師養成学校がお届けする健康コラム
高齢者の場合は歩くだけでも膝に影響があると言われています。膝の関節を使いすぎると自覚もなく症状が進行していきます。そして関節水腫が起こり、関節同士をつないでいる滑膜の中の滑液(関節液)を注射で抜き取ってヒアルロン酸やステロイドを注入することになります。一時的に楽になるので、また歩きたくなるのはわかりますが、この膝関節症が慢性化すると関節リウマチにも発展しかねません。座った状態で筋力アップを図るのが先決です。




学校案内のご請求はこちら    
学校案内のご請求はこちら

受講コース

短期講習

1日講習

総合(セット)コース

どんな整体?無料体験できます!

授業時間

   平 日 10:30〜19:00
   日祝日 10:30〜16:00
   休校日  火曜日

メールアドレス

日本セラピストスクールなら自分のペースで学べます 日本セラピストスクールはあなたの夢を応援します

整体スクール併設サロン

スクール併設サロンリラックスの森