お問い合わせは  小田原校(0465)57−0653
神奈川や静岡から通える整体学校(スクール) トップ  >>コラム一覧4  >> 不愉快な口内炎を早く治すためのコツ

不愉快な口内炎を早く治すためのコツ

神奈川の整体学校がお届けする健康コラム
気づくと口の中にポチッとできている口内炎。痛みで食欲が落ちたり、イライラしたり、治るまで不愉快な思いをしてしまいます。
このつらい口内炎を早く治すコツは?かかってしまわないための予防策は?など、今回は口内炎についてまとめてみました。

口内炎ができる原因は?

神奈川の整体スクールがお届けする健康コラム
口内炎とは唇や舌、歯肉、頬の内側など口の中にできる炎症のことです。
もっとも多いといわれる「アフタ性口内炎」ができてしまう原因はまだはっきりしていませんが、疲れやストレスなどによる免疫力の低下や、睡眠や栄養の不足によるものではないかといわれています。
また、口腔内に傷ができたり、薬品による刺激を受けたり、虫歯や入れ歯が合わないことなど物理的な原因で口内炎になることも。
さらに、単純ヘルペスウイルスなどのウィルスが原因の場合もあります。

早く治すためのコツ

神奈川の整体師養成学校がお届けする健康コラム
◆なるべく頻繁にうがいをする
口内炎を治すには口腔内を清潔に保ち、炎症部分の細菌を減らすことが大切です。
そのためになるべく頻繁に、口の中で水を動かすブクブクうがいをしましょう。自然療法ではハブ茶やびわの葉のエキスなどを使うとよいといわれています。
また、口の中が乾燥すると細菌が繁殖しやすいので、水分補給のほか、飴をなめるなどして唾液を分泌させることも大事です。

◆食事に気をつける
粘膜の調子を整えるためのビタミンB2・B6・C (豚肉、緑黄色野菜、魚などに多く含まれる)を摂り、お酒やアルコール、たばこ、香辛料や熱すぎるもの、味が濃すぎるものは避けましょう。

◆なるべく体を休める
疲れやストレスがたまった状態では免疫力が低下し、治りが悪くなってしまいます。
なるべくゆっくりと時間をとって体を休め、また気分転換をしてストレスを解消しましょう。

口の中のあちこちに口内炎ができていたり、2週間以上治らなかったりする場合には他の病気が潜んでいることも考えられますので、歯科や口腔外科、または耳鼻咽喉科を受診してみるほうが安心です。

予防するためには?

神奈川の整体スクールがお届けする健康コラム
口内炎を予防するためには疲れやストレスをためずにこまめに解消し、バランスの取れた食事をすることが大切です。また、食後すぐに正しい方法で歯磨きをしたりうがいをしたりするなどして口の中を清潔に保ち、また、乾燥させないように心がけましょう。
これらの予防策は心身全体の健康を保つためにも有効ですね。
ちょっとした心がけで不愉快な口内炎を防ぎ、健康を保っていきましょう。




学校案内のご請求はこちら    
学校案内のご請求はこちら

受講コース

短期講習

1日講習

総合(セット)コース

どんな整体?無料体験できます!

授業時間

   平 日 10:30〜19:00
   日祝日 10:30〜16:00
   休校日  火曜日

メールアドレス

日本セラピストスクールなら自分のペースで学べます 日本セラピストスクールはあなたの夢を応援します

整体スクール併設サロン

スクール併設サロンリラックスの森