お問い合わせは  小田原校(0465)57−0653
神奈川や静岡から通える整体学校(スクール) トップ  >>コラム一覧4  >> ふくらはぎのストレッチで血流を改善しよう!

ふくらはぎのストレッチで血流を改善しよう!

神奈川の整体学校がお届けする健康コラム
体が柔らかい人は、血管も柔らかく血流もいいと言われています。
つまり、血管の硬さと体の硬さは比例しているというわけです。

硬い体と同じく、硬い血管もある意味老化が進行した状態だと言えます。
血管が硬いことで様々な病気を発症する恐れがあります。

■体が硬いと血管も硬い?

神奈川の整体スクールがお届けする健康コラム
体の硬さと血管の硬さは、どのように比例しているのか?
その関係性について簡単に説明します。

体が硬いのは、血管を覆っているコラーゲンの糖化が進んで硬くなっている状態です。
皆さんもよくご存知の通り、コラーゲンはプルプルとした柔らかいものですが、何らかの影響で糖化すると、一気に硬くなってしまいます。
これこそが血管の老化であり、同時に血管に近い皮膚や筋肉に含まれているコラーゲンも糖化を起こしているということになるのです。

■血管が硬いと何が起こるの?

神奈川の整体師養成学校がお届けする健康コラム
血管を覆うコラーゲンが糖化を起こして硬くなること起こる病気が、まず動脈硬化です。
弾力を失った血管壁はカチカチになっていますから、血液もスムーズに流れない状態となっています。
そこにメタボや肥満、運動不足などが加わると、血液がドロドロになることから、血液が詰まりやすくなり、脳梗塞や心筋梗塞を起こすことになります。

血液の巡りが悪いということは、酸素や栄養もなかなか運ばれない状態となりますので、脳に酸素が運ばれにくくなり集中力がダウンしたり、疲れやすくなったりします。
また、栄養が行き渡りにくくなるので、肌の調子が悪くなったり、髪のハリやコシがダウンして、抜け毛も多くなります。

■血流促進にはふくらはぎストレッチを

神奈川の整体スクールがお届けする健康コラム
硬い血管を改善するためには、体のストレッチが効果的です。
体を伸ばすことで筋肉が柔軟になると線維芽細胞の働きが活性化してコラーゲンの糖化を解消できます。

体をストレッチすることで血管も柔らかくなりますが、最も効果的な部位はふくらはぎです。
ふくらはぎは、第二の心臓とも呼ばれており、上半身から下半身に流れてきた血液を心臓に送り返す役割を果たすのがふくらはぎです。
つまり、ふくらはぎの部分の血管が硬いと血液を心臓に送り返す力が落ちるので血流が悪くなります。

ふくらはぎのストレッチは次のように行ないます。
足を揃えて立ったら、つま先立ちを5秒間行ないます。
次に、つま先を浮かせてかかとだけで5秒間立ちます。
この動作を10セット行ないます。

ふくらはぎの筋肉が伸びたり刺激を受けたりすることで、線維芽細胞の働きが活性化されて、血管を覆うコラーゲンの糖化が解消されると血管が柔らかくなります。

毎日少しずつ実践していくことで、確実に血管が柔らかくなり、血流も良く冷え性なども改善されるはずです。
余裕がある人は、他の部位のストレッチを少しずつ加えていくと、さらに効果が上がるはずですよ。




学校案内のご請求はこちら    
学校案内のご請求はこちら

受講コース

短期講習

1日講習

総合(セット)コース

どんな整体?無料体験できます!

授業時間

   平 日 10:30〜19:00
   日祝日 10:30〜16:00
   休校日  火曜日

メールアドレス

日本セラピストスクールなら自分のペースで学べます 日本セラピストスクールはあなたの夢を応援します

整体スクール併設サロン

スクール併設サロンリラックスの森