お問い合わせは  小田原校(0465)57−0653
神奈川や静岡から通える整体学校(スクール) トップ  >>コラム一覧4  >> 悩ましい肌の乾燥をどうにかしたい!<乾燥肌を改善する栄養素とは?>

悩ましい肌の乾燥をどうにかしたい!<乾燥肌を改善する栄養素とは?>

神奈川県の整体の学校がお届けする健康コラム
乾燥肌を生み出してしまう原因には、肌に必要な栄養素の不足もひとつの原因としてあげられます。
極端なダイエットや、逆に油脂分や加工食品の取り過ぎなど偏った食生活を続けていると乾燥肌を改善することはできません。
今回は肌のうるおいを保つために必要な栄養素についてみてみましょう。


◆たんぱく質・脂質

静岡県にほど近い整体の学校がお届けする健康に役立つコラム
肌の大切なバリア機能であり水分を保持するために必要な細胞間脂質やNMF(天然保湿因子)は、角質層のターンオーバー(新陳代謝)の過程で生成されています。もし、ターンオーバーが正常に行われなかったら、これらもうまく生成されなくなってしまうのです。 ターンオーバーを適切な周期で正常に行っていくには、まずたんぱく質が必要です。肌はタンパク質から合成されており、特に寝ている間に作られたり回復したりしているので、夕食時に良質なたんぱく質を摂るのがおすすめです。

また、肌の「細胞膜」は脂質で組成されているため、必須脂肪酸が不足するとターンオーバーが乱れてしまいます。
必須脂肪酸は体内で合成することができないもので、「オメガ3系」と「オメガ6系」があります。
サーモンやサバ、イワシなどの魚介類や、エゴマ油、亜麻仁油などに多く含まれるオメガ3系脂肪酸は不足してしまいがちなので、意識して取るようにするとよいでしょう。
オメガ6系脂肪酸はコーン油、紅花油、ゴマ油などよく使うオイル類に多く含まれるので、揚げ物など普段の料理からほぼ十分に摂取しているといえます。

◆ビタミン・ミネラル

神奈川県の整体の学校がお届けする健康コラム
乾燥肌を改善・予防するためには、角質層の保湿力を保つ働きのあるビタミンAや、ターンオーバーを正常に保つビタミンB群を摂る必要があります。
さらに、血行を促進して新陳代謝を活発にし、活性酸素から細胞を守るビタミンE、コラーゲンの生成を助けてくれるビタミンCも重要です。

また、皮膚にとって重要なミネラルの一つに亜鉛があります。
亜鉛が不足すると皮膚炎や湿疹を引き起こしたり、傷が治りにくくなったりします。
極端なダイエットをすると亜鉛が不足し、またお酒や加工食品の大量摂取は亜鉛を消費・排出してしまいます。亜鉛は卵やチーズ、牡蠣や牛肉などに多く含まれるので、不足を感じたらこれらの食品を食べるようにしましょう。

乾燥肌を改善し予防するためにはこれらの栄養素をしっかりと摂ることが大事です。
また、それぞれの栄養素を一緒に摂ることによって吸収されやすくなったり、相乗効果がもたらされたりする場合もありますので、偏りのないバランスのよい食事を心がけましょう。

また血行を良くすることも乾燥肌を防ぐために大切です。上記の栄養を取ったら整体などで体をほぐして血行を良くしてあげるのはいかがでしょうか?




学校案内のご請求はこちら    
学校案内のご請求はこちら

受講コース

短期講習

1日講習

総合(セット)コース

どんな整体?無料体験できます!

授業時間

   平 日 10:30〜19:00
   日祝日 10:30〜16:00
   休校日  火曜日

メールアドレス

日本セラピストスクールなら自分のペースで学べます 日本セラピストスクールはあなたの夢を応援します

整体スクール併設サロン

スクール併設サロンリラックスの森