お問い合わせは  小田原校(0465)57−0653
神奈川や静岡から通える整体学校(スクール) トップ  >>コラム一覧4  >>  ストレスのサインか?酸っぱいものばかり食べたい時の症状

ストレスのサインか?酸っぱいものばかり食べたい時の症状

神奈川県の整体の学校がお届けする健康コラム

妊娠しているわけでもないのに、頻繁に酸っぱいものが食べたくなるのは、体が疲れている証拠なのかもしれません。

自分では疲れていないつもりでも、予想以上に疲労がたまっているかもしれません。
ここでは、酸っぱいものが食べたくなる時、どんな症状が体に出ているのかをご説明します。


■頻繁に酸っぱいものが食べたい時は

静岡県にほど近い整体の学校がお届けする健康に役立つコラム
レモンや梅干し、グレープフルーツなど、頻繁に酸っぱいものが食べたいと思う時は、体がかなり疲労状態にある時かもしれません。
疲労といっても様々な原因がありますが、酸っぱいものが食べたい時の疲労はストレスからによるものが多いです。

ストレスから乳酸という疲労物質が溜まることで疲れがなかなか抜けなくなるのです。
筋肉痛が起こるときも、乳酸が筋肉に溜まっている状態であり、乳酸が分解されずに残ることで筋肉疲労が起こります。

■酸っぱいものの正体はクエン酸

神奈川県の整体の学校がお届けする健康コラム
レモンやお酢、梅干しなどの酸っぱいものに含まれているのはクエン酸という成分です。
つまり、酸っぱい酸味がクエン酸なのです。

クエン酸はミネラルの吸収を促進してくれたり、新陳代謝を向上させてくれる作用があることから美容面でも有効な成分として注目されています。
アンチエイジングや美肌の効果が高いことで有名なクエン酸は、健康面においてはどのような効果を発揮してくれるのでしょうか?

それを次でお話ししたい思います。


■クエン酸が乳酸を分解してくれる

静岡県にほど近い整体の学校がお届けする健康に役立つコラム
乳酸が分解されずに筋肉に溜まっていくと疲労回復が難しくなります。
しっかりと休むことで乳酸は分解されて疲労も回復しますが、休養が取れていないとどんどん乳酸が蓄積されていくのです。

乳酸は血液循環にも悪影響を及ぼして、細胞の活動まで低下させます。
すると、益々疲れがひどくなっていくのです。

そうした状況を打破しようと、体はクエン酸を欲し始めます。
クエン酸は乳酸を水と炭酸ガスに分解してくれる成分なのです。
それによって、次第に疲労物質である乳酸が排出されて、疲労が回復していきます。

体がクエン酸、つまり酸っぱい食べ物を欲しがるところまでになっているのは、結構深刻な状態だと言えます。
運動不足になっている人はストレスが溜まりやすい状態となっているので、特に注意しなければいけません。

運動でも、ある程度ストレス発散もして、梅干しやレモン、お酢などを食生活にうまく取り入れることでクエン酸を補給し、乳酸分解を心がけていきましょう。

酸っぱいものが欲しいと体が思っているのなら、それに忠実に従うことです。
クエン酸パワーで疲労を吹き飛ばして、毎日元気に楽しく過ごしましょう。

お弁当やおにぎりに梅干しを入れるだけでも全然違いますよ!



学校案内のご請求はこちら    
学校案内のご請求はこちら

受講コース

短期講習

1日講習

総合(セット)コース

どんな整体?無料体験できます!

授業時間

   平 日 10:30〜19:00
   日祝日 10:30〜16:00
   休校日  火曜日

メールアドレス

日本セラピストスクールなら自分のペースで学べます 日本セラピストスクールはあなたの夢を応援します

整体スクール併設サロン

スクール併設サロンリラックスの森
==P R==
アマゾン