お問い合わせは  小田原校(0465)57−0653
日本セラピストスクールスクール トップ  >>コラム一覧 >>2種類の頭痛を見抜いて適切な対策をしよう

2種類の頭痛を見抜いて適切な対策をしよう

頭痛を抱える人の多くが自分の「頭痛の種類」を知りません。
自分で対策出来ない頭痛もありますが、「片頭痛」「緊張型頭痛」の2種類は対策によって頭痛を和らげることができるのです。

しかし、「頭痛には○○が効果的」 といった言葉を鵜呑みにしてその方法で対策を行い、逆に頭痛が悪化してしまった、
というケースもあるので自分はどちらのタイプか把握しておきましょう。

今回は2種類の頭痛の対策法を紹介したいと思います。
自分の頭痛がどちらの種類なのかを知ることが頭痛対策の第一歩です。


片頭痛

頭の片側・こめかみ付近が脈打つように痛む人は片頭痛の可能性が高いです。

片頭痛は脳の血管が拡がる事で周囲の神経に刺激が伝わって起こります。
強い痛みが途切れ途切れに起こるのが特徴です。

特に女性は女性ホルモンの影響で男性よりも片頭痛で悩む人が多いようです。
片頭痛を抑えるためには血管を収縮させるような対策を行うことが大切です。

患部を冷やす
過度に拡張した血管を収縮させるのには患部を冷やしましょう。
冷却シートや氷嚢などを駆使して痛む部分を冷やす事が片頭痛対策となります。また、首筋を冷やすのも血管を収縮させるので
効果的な対策です。
シャワー・入浴などは体を温めてしまい、血管がさらに拡がってしまう恐れがあるので控えましょう。

カフェインをとる
カフェインには鎮痛作用が入っていることをしっていましたか?
医薬品としても使われている成分で、カフェインは脳の血管を収縮させる作用があるので、片頭痛対策にも有効です。

痛みが強くなりそうだと感じたらカフェインを摂取しておきましょう。
しかし、カフェインを摂り過ぎるとカフェインが減少した際に頭痛が起こるようになる恐れがあります。飲み過ぎは厳禁です。

緊張型頭痛

デスクワークや長時間の移動などの際に同じ姿勢を取り続けて血行が悪くなってしまい、首・肩などの筋肉が緊張してしまって起こる頭痛のことです。

片頭痛と異なる部分は、弱い痛みがだらだらと続くという部分です。
疲れがたまりやすい午後は痛みが強くなってしまうこともあります。

緊張型頭痛は血行を促す対策が必要です。

体を温める
背中や肩、首などを温めましょう。
肩や首のコリから血行が滞ってしまっていることが頭痛の原因なので、その付近を温めて血行の改善をはかるのが対策として
挙げられます。

温湿布や蒸しタオルを使って後頭部から背中にかけて温めると効果的です。
また、シャワーや入浴なども対策として有効でしょう。

体をほぐす
定期的に体を動かすことで体がコリ固まるのを防ぎましょう。
同じ姿勢を続けている方はこの頭痛を起こしやすいので特に注意が必要です。

また、マッサージも有効な対策です。
直接筋肉をもみほぐしましょう。
コリがひどい場合は整体を活用するのも良いでしょう。

片頭痛・緊張型頭痛の原因も全く異なり、対策も真逆なものが多いので、自分の頭痛はどちらにあてはまるか確認して正しい
対策・処置を行ってください。
学校案内のご請求はこちら     どんな整体?無料体験できます!
学校案内のご請求はこちら

受講コース

短期講習

1日講習

どんな整体?無料体験できます!

授業時間

   平 日 10:30〜19:00
   日祝日 10:30〜16:00
   休校日  火曜日

メールアドレス

日本セラピストスクールなら自分のペースで学べます 日本セラピストスクールはあなたの夢を応援します

整体スクール併設サロン

スクール併設サロンリラックスの森