お問い合わせは  小田原校(0465)57−0653
神奈川や静岡から通える整体学校(スクール) トップ  >>コラム一覧2  >> 腰痛について(筋肉、腰椎、原因不明の腰痛)

腰痛について(筋肉、腰椎、原因不明の腰痛)

神奈川県の整体の学校がお届けする健康コラム

現代のストレス社会に生きる人々。様々なストレスを抱えて体の不調を訴える人が多くなってきました。
デスクワークの増加により、肩から腰に至るまで筋肉、血管、脊椎の病気が増えています。
そして十分な医療を受けることができないのが現状です。
新薬の開発により対症療法で済まされる場合もあり、症状が悪化する前に予防を兼ねて筋肉の弛緩を目的としたストレッチは欠かせないものになっています。


「腰痛患者の多い日本人と医療現場」

静岡県にほど近い整体の学校がお届けする健康に役立つコラム
日本人の腰痛を持病とする人数は諸外国に比べて最も多いと言われていますが、その腰痛を抱えた患者の中でも検査に於いて腰痛の疾患と判断される場合が少ないという傾向にあります。
腰痛の原因を特定できる疾患としては、代表的なものでは腰部椎間板ヘルニア、加齢による腰部脊柱管狭窄症(ともに坐骨神経痛の原因となっています)や、骨粗しょう症などの神経に影響を及ぼす一般的なものから、血管に関わってくるもの、細菌感染による炎症などによる病気と認められる特異的腰痛が15%程度であり、残りの85%は原因不明という統計結果があります。
原因不明とされるものの中には、画像診断や血液検査のCRP(炎症反応)などではわからない非特異的腰痛に分類され、短期で治るものもあればストレス性の長期間にわたって痛みが消えない難治性の病気もあります。
各種の部位に発生した癌が腰椎に転移すると腰痛を引き起こしますが、元となる疾患を把握していれば癌の転移だと自覚できます。


「腰椎の異常から出てくる痛み」

腰の筋肉から発生する痛みはストレスによるものをはじめ、疲労によるものや姿勢の悪さからくる場合が多くなっています。
特にデスクワークが腰に悪いと言われていますが、前傾姿勢の場合は立っている状態にくらべて座っている時のほうがはるかに「腰椎」に負担がかかっているため、当然だといえます。また、坐骨神経にも影響があると思われます。

治療法としては牽引や温熱療法、投薬などが行われます。
腰痛や足の痛みの場合は通院治療が困難になってくるのは当然のことであり、特に神経障害性疼痛の場合、坐骨神経痛のに痛みがあるときは車にも乗れません。
もし乗れたとしても座ったままという姿勢が続くと降りる際に痛みが酷く自力で立ち上がることさえ困難になります。

仕事中に痛みで疲れると、歩けなくなる場合もあり通院できないという現状もあります。
最近では腰痛も職業病として労災認定される傾向にあるので、業務上の作業姿勢が原因で働けなくなった場合は専門医を通して労災認定がされるべきだと考えます。

整形外科の診察時において手術を行うかどうかという判断は画像診断に基づくため、腰椎などに異常が見られない場合は痛み止めや末梢血管拡張剤の処方となり、根本治療が行われないというのが現状です。
仮に腰椎に異常があった場合でも整形外科の診察医は自ら執刀するため、基本的に手術が有効かどうかという判断が腰痛の治療を左右することになります。




学校案内のご請求はこちら    
学校案内のご請求はこちら

受講コース

短期講習

1日講習

どんな整体?無料体験できます!

授業時間

   平 日 10:30〜19:00
   日祝日 10:30〜16:00
   休校日  火曜日

メールアドレス

日本セラピストスクールなら自分のペースで学べます 日本セラピストスクールはあなたの夢を応援します

整体スクール併設サロン

スクール併設サロンリラックスの森