お問い合わせは  小田原校(0465)57−0653
神奈川や静岡から通える整体学校(スクール) トップ  >>コラム一覧2  >> こんな活用法もある!温泉をもっと楽しむ方法

こんな活用法もある!温泉をもっと楽しむ方法

神奈川県の整体の学校がお届けする健康コラム

温泉の上手な入り方や注意点が分かったところで、もっと温泉を楽しみ活用するための方法も見てみましょう。
一度は試してみたい、ちょっと変わった入浴法もご紹介しています。


温泉を気持ちよく感じる理由

静岡県にほど近い整体の学校がお届けする健康に役立つコラム
温泉は大地が生み出した水や地熱がもたらしてくれるものであるため、自然の成分が溶け込み体に良いピュアなエネルギーをふんだんに含んでいます。
そのため温泉につかると私たちもその良い成分を吸収することができます。
これだけでもストレスを取り去り元気にしてくれる効果があるのですが、さらに次のような作用もあるため、さらに気持ちよく感じます。

◆浮力があり、体が負担から解放される
入浴すると水の浮力により体重が10分の1になるため軽く感じられ、日ごろは負担を強いられている足腰を始めとする体の各部分も解放されて休まる。

◆水圧によるマッサージ効果がある
お湯に入ると体に水圧がかかってくるが、これがマッサージの役目を果たし、血行をよくして疲れを取ってくれるため楽になる。

◆温熱作用がある
温かいお湯につかることで体温が上がり、老廃物の排出が促進され、新陳代謝が活発になって体が活性化される。


挑戦してみたい、ちょっと変わった入浴法

○長時間入浴法
34〜37度のお湯に2〜3時間つかる方法。
副交感神経が優位になりストレスが軽減し、リラックスできて心が穏やかになれる。
ぬるめのお湯なら体への負担が軽いため、安心してつかっていることができる。

○交互入浴法
酸性泉のような刺激が強めのお湯と、単純温泉、硫酸塩泉 のような刺激の少ないお湯に交互に入る方法。
強い刺激と緩和の繰り返しが皮膚の疾患に効果的。

○温冷入浴法
お湯と水に交互につかる方法。
末梢血管が拡大し疲労物質の乳酸が排出されやすくなるため、疲労を取るのに最適。
ただ、全身つかると心臓に負担がかかってしまうので、膝から下を数分ずつ繰り返し交互につけるようにする。全体で15分くらいを目安に。


泉質も効能も種類豊かで、私たちを癒し、元気にしてくれる温泉。
さまざまな温泉やいろいろな入浴法を試しながらこの自然の恵みを十分に楽しみ、ますます身近に活用していきたいですね。




学校案内のご請求はこちら    
学校案内のご請求はこちら

受講コース

短期講習

1日講習

どんな整体?無料体験できます!

授業時間

   平 日 10:30〜19:00
   日祝日 10:30〜16:00
   休校日  火曜日

メールアドレス

日本セラピストスクールなら自分のペースで学べます 日本セラピストスクールはあなたの夢を応援します

整体スクール併設サロン

スクール併設サロンリラックスの森