お問い合わせは  小田原校(0465)57−0653
神奈川や静岡から通える整体学校(スクール) トップ  >>コラム一覧2  >> 健康と自己管理 運動・食事編

健康と自己管理


体の調子が悪いとき、ふつうは病院に行ったり整体や鍼灸マッサージのお店に行ったりすると思います。しかしそこでどんなに良い治療や施術をしてもらっても、自己管理ができていなければ効果はほとんど期待できません。
例えば、ダイエットのためにエステサロンやその他の専門家に見てもらい、様々な施術を受けたとしても、お菓子や揚げ物などをずっと食べ続けていたり、運動を全くしなかったりしたら痩せられないのと同じです。
つまり、健康でいるためには健康に関する正しい認識をもって、日常の自己管理が必要であるということです。

健康であるためにはいくつかの条件がありますが、今回は「運動」と「食事」に焦点を当ててみたいと思います。


運動

適度な運動が体にいいことは誰でもご存知でしょう。では具体的に、なぜ運動は体にいいのでしょうか?
運動をする=筋肉を動かすとまず血液循環を促進することができます。心臓よりも下の静脈は筋肉の動きの力を借りて、血液を心臓に戻しているからです。 適度な運動をすると、末端の血行が良くなり、いらない老廃物を排出して必要な酸素や栄養を各組織に運んできます。
また運動をするなら、筋肉そのものが丈夫になります。誰でも歳とともに筋肉は衰えていきますが、そうすると筋肉の炎症や骨格に異常を起こしやすくなります。すると筋肉はより硬くなり、骨格もゆがんでしまうことがあります。
これが神経や血管を圧迫して、正常な生理機能の営みを妨害してしまうのです。

もちろん健康であるために、アスリート並みの激しい運動が必要なわけではありません。
年齢や体力に応じて無理のない仕方で運動すればいいのです。
体力に自信がない方はウォーキングから始めてみませんか?


食事

医食同源という言葉を聞いたことがあるでしょうか?これは、日頃からバランスの取れた美味しい食事をとることで病気を予防し、治療することができるという考え方です。
適切な食事は私たちを細胞レベルから元気にしてくれます。食べ物によって細胞外環境も正常になり、病気に対する抵抗力も高まってくるのです。
今は飽食の時代と言われていますが、昔に比べると今の食べ物は栄養価が低下していることが話題になっています。その結果、カロリーばかり余分に摂取しているのにも関わらず、栄養失調になるという、考えられないような事態に陥ってしまっているのが現状です。
私たちの体は食べたものからできています。つまり今日食べたものが明日の自分の体を作るのです。
高脂肪、高カロリーでしょっぱいものばかり食べていたら、遅かれ早かれ糖尿病や高血圧などの病気になってしまうでしょう。
それを避けるには緑黄色野菜・根菜類・肉類・魚介類・海藻類・豆類などをバランスよく、そして適量食べる必要があります。
また味付けも、あまり塩分を取りすぎないように注意が必要でしょう。

では運動や適切な食生活をいつから始めますか?明日ですか?来週ですか?来月ですか?
1日でも早く始めることをお勧めします。自分をきちんと管理することが健康への近道だからです。




学校案内のご請求はこちら    
学校案内のご請求はこちら

受講コース

短期講習

1日講習

どんな整体?無料体験できます!

授業時間

   平 日 10:30〜19:00
   日祝日 10:30〜16:00
   休校日  火曜日

メールアドレス

日本セラピストスクールなら自分のペースで学べます 日本セラピストスクールはあなたの夢を応援します

整体スクール併設サロン

スクール併設サロンリラックスの森