お問い合わせは  小田原校(0465)57−0653
神奈川や静岡から通える整体学校(スクール) トップ  >>コラム一覧2  >> 眼精疲労のしくみと解消法

眼精疲労のしくみと解消法


私たちの目は、カメラと同じような仕組みになっています。
レンズに相当する水晶体とピントや明るさを調整する毛様体や虹彩(こうさい)という筋肉が働き合うことで物を見ることができます。

眼精疲労というのは言ってみれば目の筋肉がこっている状態です。
目が疲れてくると、毛様体をはじめとする目の筋肉がこり固まり、うまくピントを合わせることができなくなってしまいます。
特にパソコンやスマホなどを近くのものを長時間見続けてしまうと、遠くのものに焦点が合わなくなり近視になってしまうこともあります。
また目の周りの筋肉がこっていると、筋肉内の欠陥が圧迫され血流が悪くなります。
すると新鮮な酸素や栄養が運ばれなくなり、しかも老廃物や疲労物質などがそこにとどまるようになって、さらに目が疲れてしまいます。


眼精疲労の解消法

眼精疲労は目の周りの筋肉のコリと血行不良から起きるものなのですから、そのコリをほぐし、血行を改善すれば良いわけです。
そうすると眼精疲労からくる視力の低下や、頭痛・肩こりなども改善することができます。
視力のアップさえ期待することができます。
では何をすれば筋肉をほぐし、血行を改善できるのでしょうか?

今日は手軽にできる2つの方法をご紹介します。


まゆげの周辺のマッサージ

実はまゆげの周辺には、眼精疲労に効くツボが点在しています。
例えば眉頭には「攅竹」、眉山には「魚よう」、眉尻には「絲竹空」というツボがあり、いずれも眼精疲労に効くと言われています。
またそのほかにも眼球の周りにはたくさんのツボがあり、疲れ目に良いとされていますので、目の周りをいろいろと押してみて、特に気持ちのいい場所(痛気持ちいい場所)をマッサージしてあげるといいでしょう。
またまゆげやおでこの辺りを軽くつまむように揉んであげるのも一つの方法です。
なおツボの位置は厳格に取らなくても大丈夫。一番気持ちいい場所があなたにとってのツボとなるからです。


目の周りを温める

筋肉の緊張をほぐし、血行を良くするのにもう一つ効果的なのが、「温める」ことです。
温めるなら固まった筋肉がゆるみ、血管が拡張して血流が良くなります。
肩こりや腰痛がひどいとき、お風呂でゆっくり温まると楽になるのと同じです。 もちろんお風呂に顔をうずめて長時間いることはできませんから、別の方法を使って温めましょう。
簡単なのはホットタオルを使って温める方法です。清潔なタオルを水で濡らして絞ります。
それを電子レンジで30秒程度温めてあげたものを目の上に乗せるのです。
程よい蒸気と温熱効果で、目の周りの筋肉も緩んでいくでしょう。
疲れた時にオフィスなどで行なうこともできますが、お勧めは寝る前です。
寝る前にホットタオルを目に乗せれば、一日の目の疲れも解消されるでしょう。
またホットタオルにリラックス効果のあるアロマオイルを1滴垂らすのも、さらにリラックスできておススメです。

筋肉の働きを活発にするのは血液です。つまり眼球を取り巻く血管内の働きを高め、たくさんの血液を送り出すことで、その血液が毛様体を活性化します。その結果、目がスムーズに機能して、視力もアップするのです。




学校案内のご請求はこちら    
学校案内のご請求はこちら

受講コース

短期講習

1日講習

どんな整体?無料体験できます!

授業時間

   平 日 10:30〜19:00
   日祝日 10:30〜16:00
   休校日  火曜日

メールアドレス

日本セラピストスクールなら自分のペースで学べます 日本セラピストスクールはあなたの夢を応援します

整体スクール併設サロン

スクール併設サロンリラックスの森