お問い合わせは  小田原校(0465)57−0653
神奈川や静岡から通える整体学校(スクール) トップ  >>コラム一覧  >> ダイエットは危険なもの?

ダイエットは危険なもの?


ダイエットを始める前に、ダイエットに伴う危険性は認識しておいたほうがいいでしょう。テレビ番組などでも度々紹介されている “拒食症”という病気があります。これはやせたいと思うあまりに極端に食事を避けることを長期間続けた結果、神経が狂って食物を受け付けなくなるという症状です。これはひどければ骨と皮だけにやせ細ってしまう病気であり、ダイエットを行うときにはぜひ注意しておくべきです。
 摂食障害に陥らなくとも、世間では若い女性たちがダイエットの方法を誤ったばかりに健康を害したという事例がいくらでもあります。そしてダイエットに関する情報はあふれており、正しい情報と正しくない情報とが錯綜しています。
 そのため、ダイエットを始める前提としてまず必要になるのは、間違ったダイエット法によって苦しまないよう、正しい情報を取り入れるということだろ認識しておきましょう。これが出発点になります。

 さて、ダイエットを成功させるためには基本的な心構えを持っている必要があります。心構えはいくつかあるので、ここで考えてみましょう。


1.痩せすぎようと思わない

 最も危険なのは、他者から見れば十分にスタイルがいいにもかかわらず、それでも「まだまだ痩せないといけない」と思ってしまうことです。こうして冷静さを失ってしまうと、食物を受け付けないからだになるという、もっとも危険な状態も招きます。
 これを防ぐためには、ダイエットを始める前に目標とする体脂肪率や体重を決めておき、それ以上の減量はしないということです。友人や親の意見も取り入れながら、世間一般で「スタイルがいい」とされる体重や体脂肪率を目標に据えましょう。


2.楽して痩せるのは無理だと知る

 ダイエットというものは、体が本能的にため込んだ体脂肪を落とすことなのですから、見方によっては本能に逆らう行動です。それまでの生活習慣や食習慣を変えることでそれを実現する必要がありますが、人間は環境の変化に敏感な生き物であり、習慣の変化はストレスを伴います。ダイエットで苦労するのは当たり前のことです。
 もし何もしないでも痩せられるという薬品を見つけても、決して手を出してはいけません。そんなものが本当に存在するならば、厚生労働省は即座に認可して一般的に流通させ、メタボや肥満に悩む人はゼロになるはずです。そうならないのは、それらの薬品に何らかの危険性があるのです。なかには命の危険を伴うものもあるのです、絶対に手を出してはいけません


3.時間をかける

 人間の体は急激に変化すると不調を伴うものです。したがって、急に痩せようとは思わないでください。1カ月に1〜2sの減量ができれば最適です。
 急に痩せることは体の持っている摂理に反することですから、もし痩せることができても体調を壊したり、激しいリバウンドによってダイエットは失敗してしまうことでしょう。


4.神経質になりすぎない

 ダイエットを成功させるためには神経質になりすぎないことも大切です。神経質になりすぎればストレスを抱えてしまい、あまり良いことではありません。そのためには、1回や2回の食べ過ぎや間食を重要に考えすぎないことです。
 拒食症などの病気は、気まじめ過ぎる人、完璧主義の人などが罹りやすい病気です。少しの失敗や少し摂りすぎたカロリーに対して神経質になり過ぎ、自分が許せくなり、過剰に食物を避けるようになってしまうのです。
 例えば1回食べ過ぎたならば、そこで食べ過ぎた分は翌日多めに運動するとか、その後一週間の食事を少しずつ減らすという風に取り返せばいいのです。

 これらの心構えをしっかりと持たずにダイエットを始めても、それによって得た結果などは砂上の楼閣のようなもので、失敗に終わってしまうでしょう。これらをしっかり学んでいいスタートを切りましょう。




学校案内のご請求はこちら    
学校案内のご請求はこちら

受講コース

短期講習

1日講習

どんな整体?無料体験できます!

授業時間

   平 日 10:30〜19:00
   日祝日 10:30〜16:00
   休校日  火曜日

メールアドレス

日本セラピストスクールなら自分のペースで学べます 日本セラピストスクールはあなたの夢を応援します

整体スクール併設サロン

スクール併設サロンリラックスの森