お問い合わせは  小田原校(0465)57−0653
神奈川や静岡から通える整体学校(スクール) トップ  >>コラム一覧  >> アロマを使う時の注意点 

アロマを使う時の注意点


アロマはリラックス効果などがあり、非常に気軽に使えるものとして人気があります。
スクールではアロマの効果や扱い方、禁忌事項などを詳しく教えてくれますが、一般の方はそこまでの知識はないかもしれません。
アロマを使う際は手順通りにしていると特に問題ありませんが、手順が分からなかったり、間違っていたりすると危険があることもありますので注意点が必要です。


火を使うときは気をつけましょう

アロマの中でロウソクの火を使って香りを楽しむものがあります。
これは火を使うので火事などには常に注意点する必要があります。
注意点としては就寝時には使わない、定期的に皿などの道具を交換することが必要になります。
就寝時にするともし火事が起きた場合に気づかないですので、必ず寝る前に火が消えているか確認しましょう。
また、皿などは消耗品ですので定期的に新品に変えることをお勧めします。



使用期限に気をつけましょう

実はどのアロマにも使用期限があります。
アロマは空気に触れると酸化してしまい、匂いの変化や匂いが上手く揮発しないことがありますので、できるだけ早めに使うことをお勧めします。
保管はできるだけ冷暗所において、日が直接当たらないように注意をする必要ですがあります。



匂いを嗅ぐ時は3種類ほどにしておきましょう

匂いは粒子ですので、粒子が鼻から吸い込まれて頭が匂いを感知します。
その為一度にたくさんの匂いを嗅いでしまうと鼻がその匂いを正確に判断できなくなりますので、注意が必要です。
できれば一つ匂いを嗅いたら休憩を挟んでほしいのですが、時間が非常にかかってしまうので、一度に嗅ぐ種類は3種類程度にしておきましょう。
それが無理でれば濡れタオルを鼻に当てて蒸気を吸い込むと匂いの粒子が洗い落とされますので、濡れタオルの使用をお勧めします。



日常的にアロマを使う時の注意点

アロマを日常的に使用しているとどうしてもその匂いに慣れてしまって、使用量が少しづつ増えていく傾向にあります。
他人がアロマを使っている空間に入るとキツイ匂いと思われることも少なくありませんので、自分が思うより匂いはしていると考えて使用することが良いかと思います。
基本的に使用量通りに使うと問題ありませんので、迷うことがあれば説明書きをみていただければと思います。
アロマは使用を間違えると危険ですし、他人を不快にさせてしまうことがあります。

しかし、正しい使い方をしていれば、ストレス対策、気力アップなどいい事が多いですので、使用する際はきちんと用法用量を守って使用しているいきましょう。





学校案内のご請求はこちら    
学校案内のご請求はこちら

受講コース

短期講習

1日講習

どんな整体?無料体験できます!

授業時間

   平 日 10:30〜19:00
   日祝日 10:30〜16:00
   休校日  火曜日

メールアドレス

日本セラピストスクールなら自分のペースで学べます 日本セラピストスクールはあなたの夢を応援します

整体スクール併設サロン

スクール併設サロンリラックスの森