お問い合わせは  小田原校(0465)57−0653
神奈川や静岡から通える整体学校(スクール) トップ  >>コラム一覧  >> アロマのさまざまな使い方 

アロマのさまざまな使い方


アロマオイルはいろんな使用方法があります。
アロママッサージをするお店ではキャリアオイルに入れてオイルマッサージをしたり、整体などをするリラクゼーションサロンでも部屋をアロマの香りで満たしたりと活用しています。
アロマの資格がなくても楽しむ方法はないのでしょうか?もちろんそんなことはありません。
アロマオイルをせっかく手に入れたのに使い方がイマイチ分からないという方もいらっしゃるかと思いますので、是非ご参考にしてください。


アロマポットやアロマライトで癒しの光を

アロマポットはロウソクの上に耐熱皿を載せて、その皿にアロマオイルを垂らすというものです。
温度が高いので比較的早くアロマの香りが部屋全体に広がりますし、ロウソクの光は癒しの効果がありますので、寝室などに適しています。
火の取り扱いには十分注意しましょう。
アロマライトは基本的にアロマポットと同じですが、火の代わりライトを使用していますので、安全です。
また、温度も低めになっていますので徐々に広がる香りを楽しめます。



お気軽に使うならデュフューザー

デュフューザーとはハンカチなどにアロマオイルを染み込ませて、

香りを揮発させるものです。

最近では紙や木などに染み込ませて使用するデュフューザーがよく売られています。

いずれも熱を使わないのでオイルそのままの香りを楽しめますし、

香りも長時間続きます。

香りが弱いと感じたら、扇風機などで風を当てることにより、しっかりと香ります。


疲れを感じたらアロマバス

アロマバスはお風呂の中に数滴アロマオイルを垂らして香りを楽しむ方法です。

お湯の蒸気で香りがバスに広がります。

お風呂の癒し効果とアロマの癒し効果で、日頃からストレスをためている方にはオススメの方法です。

全身浴、半身浴などをうまく使い分けて使用しましょう。


フェイシャルスチームにアロマを使って美しい肌へ

家庭でできるフェイシャルスチームの方法としては、湯気が立つぐらいの高温の湯を洗面器などに張って、頭からタオルなどを被り顔を蒸す方法です。
毛穴が一気に広がり汚れを取ったり、肌のハリに効果があります。アロマオイルを使用する場合は湯の中にアロマオイルを垂らします。
抗菌作用のあるアロマオイルであればニキビなどに効きますし、保湿作用のあるアロマオイルであれば肌がツヤツヤになります。
この方法は香りも多く出ますのでいつもよりも少なめのオイルでも十分に効果があります。
アロマオイルは油ですので、様々な使い方はが楽しめることができます。化粧水に混ぜたりしても良いかと思います。 オイルなので保湿効果がありますが、種類によっては抗菌作用があったり、肌のキメを整える効果もありますので、好みの匂いも大切ですが、どのような効果があるのか確認して使用することをおすすめします。
また、使う量はできるだけ少量にした方がベタつきを防ぐことができます。





学校案内のご請求はこちら    
学校案内のご請求はこちら

受講コース

短期講習

1日講習

どんな整体?無料体験できます!

授業時間

   平 日 10:30〜19:00
   日祝日 10:30〜16:00
   休校日  火曜日

メールアドレス

日本セラピストスクールなら自分のペースで学べます 日本セラピストスクールはあなたの夢を応援します

整体スクール併設サロン

スクール併設サロンリラックスの森