お問い合わせは  小田原校(0465)57−0653
神奈川や静岡から通える整体学校(スクール) トップ  >>コラム一覧  >> 運動とダイエットと健康 

運動とダイエットと健康


「運動をせずにダイエットができる」などという宣伝をするサプリメントがたくさん売られていますが、結論から言うとこれらの商品は??です。
これらを摂取するだけで健康的に痩せられると言うことはなく、ダイエットを行うためには運動が欠かせません。運動には様々な効用があります。

 運動を行うことによって、エネルギーが消費されてダイエットに役立つことは言うまでもありません。
ただしそれだけではなく、運動をすると筋肉が成長し、成長した筋肉を維持するために基礎代謝が増えやすい体を作ることができます。
つまり、じっとしていても必要となるエネルギーが多くなり、痩せやすい体になるのです。したがって、リバウンドしにくく、意識的に食事の量を減らさずとも痩せやすくなります。
この他、心肺機能が鍛えられることであらゆる生活習慣病のリスクを下げることができます。


どのような運動が効果的か

運動には大別すると、有酸素運動と無酸素運動とに分けることができます。

これは簡単に言うと、運動をするときに必要となるエネルギーを得るために、酸素が必要か、必要ではないかということで分類したものです。

どちらも効果的なものですが、ダイエットのためにより効果が高いのは有酸素運動です。


1.無酸素運動

 無酸素運動は息を止め、筋力を短時間で強力に発揮する運動です。これには酸素を用いることができません。
考えてみればわかりますが、腕立て伏せ、スクワット、腹筋運動などの際に筋力を込めるときは、グッと息を詰めますね。
このとき必要となるエネルギーは、筋肉中に蓄えられているグリコーゲンというものを燃焼させてエネルギーを得ます。

 したがって、無酸素運動は体脂肪燃焼効果よりも筋肉増強効果が大きくなります。
筋肉増強に伴う基礎代謝の向上という意味では肥満防止の役に立ちますが、体脂肪の燃焼を望めないため、脂肪を減らしていくのには向いていません。


2.有酸素運動

 一方有酸素運動ですが、この運動は長時間にわたって体を動かし続ける運動です。
ウォーキングやジョギング、水泳などがこれに当たります。これらの運動を行うときには、酸素を取り入れながら運動をすることになります。
体内に酸素を取り入れることによって、体内に蓄えられたグリコーゲンや脂肪を燃焼させてエネルギーに変換するため、脂肪燃焼効果があります。
効果的に行うためにはできるだけ長時間にわたって適度な付加をかけるのがよく、ウォーキングならば速歩にする、ジョギングや水泳やサイクリングならば適度な速さを保って行うのが効果的です。
無酸素運動に比べて脂肪燃焼が高く、心肺機能を向上させるのにも適しています。


ダイエットに効果的な運動とは

 以上のように、運動の種類によって効果は異なります。
それぞれ違った役割を持っているため、有酸素運動をメインにして体脂肪燃焼を図りつつ、無酸素運動も行って基礎代謝の向上に努めることができればベストであると言えます。

 運動の前後には十分なストレッチを心がけましょう。ストレッチによって筋肉を伸ばしておけば、筋肉疲労の予防と回復に役立ち、また筋肉を損傷するなどといった事故の防止にもつながります。

 この他の注意点としては、ジョギングやウォーキングを早朝に行う場合には、寝起きは血液循環がよくないため、コップ一杯の水を飲んでから運動することを心がけるといいでしょう。




学校案内のご請求はこちら    
学校案内のご請求はこちら

受講コース

短期講習

1日講習

どんな整体?無料体験できます!

授業時間

   平 日 10:30〜19:00
   日祝日 10:30〜16:00
   休校日  火曜日

メールアドレス

日本セラピストスクールなら自分のペースで学べます 日本セラピストスクールはあなたの夢を応援します

整体スクール併設サロン

スクール併設サロンリラックスの森