お問い合わせは  小田原校(0465)57−0653
神奈川や静岡から通える整体学校(スクール) トップ  >>コラム一覧  >>心を元気にする「ポジティブシンキング」の本当の意味 

心を元気にする「ポジティブシンキング」の本当の意味


「ポジティブシンキング」は心身の健康のために必要なものだといえるでしょう。
でも、何でもかんでも「これでよし!」と自分に都合の良いように考えるのがポジティブシンキングではありません。
ここはよく誤解されてしまうところです。
では、本当のポジティブシンキングとは?


ネガティブシンキングの害

まず、ポジテイブの逆、ネガティブな考え方を止めた方がよいのは明らかなことです。
ネガティブな考えは毒素のようなもので、その低いエネルギーが心身の健康に良くない影響を与えてしまいます。
でも、生きていれば誰だって、落ち込んだり悩んだりしてしまうもの。 それは誰しも避けることができないことだといってもよいでしょう。
問題はその後、怖れや不安にとらわれたとき、それにどう対処するかという点です。

ひたすらいやなこと、つらいことに焦点を当てることで、実はその事柄にエネルギーを注いで自分の中で大きく育ててしまっています。
実際、自分が焦点を当てたことは心の中で占める割合がどんどん大きくなり、強い影響を与えるようになってしまいます


自分の感情はしっかりと受け入れる

では、見ないふりや、無理にでもよいほうに取るようにした方がよいのでしょうか。
これも違います。
まず、自分の感じていることはしっかりと意識して受け入れるほうがよく、無視したり、ないと思い込もうとしたり、無理によい感情を持とうとすることはよいといえません。

自分に認めてもらえなかった感情は体のどこかに押し込まれ、そのまま解放されずにいると存在を知らせようとしてさまざまな問題を引き起こすことがあります。
今の自分のありのままの感情、考えはしっかりと受け入れましょう。
生きているかぎりいろんな感情を持つのは当たり前のことです。



本来の「ポジティブシンキング」

しかし、先ほども書いたように、そこに焦点を当て続けるのはよくありません。
ではどう考えればよいのかというと、「この経験が自分の人生にとってどういう意味があるのか」を考えてみるのです。
「すべての経験に無駄なことはなく、何かに気づかせるためや、自分を成長させるために起きている」と考えるのが本来のポジティブシンキングです。
何でもよいほうに、あるいは自分に都合よく考えるという意味ではありません。

例えば、すごく愛していた恋人にふられてしまったとします。
死にたくなるほどつらいに違いありません。
その感情は押し殺さずにしっかり認め、感じてください。無理に押し込めないようにしてください。

少し落ち着いてきたら、なぜ別れることになってしまったのか、これまでの二人の関係からどんなことに気づいたり学んだりしたのかを考えてみてください。
そうしていると二人でいられたことに感謝の念もわいてくるでしょう。
そして得たことをこれからの人生に生かすのがポジティブシンキングです。

日常生活の中で起こることには必ず原因があります。
それを知り、次から同じようなつらい思いをしないためにはどうしたらよいのかに気づく、本来のポジティブシンキングで心身の健康を保っていきましょう。



学校案内のご請求はこちら    
学校案内のご請求はこちら

受講コース

短期講習

1日講習

どんな整体?無料体験できます!

授業時間

   平 日 10:30〜19:00
   日祝日 10:30〜16:00
   休校日  火曜日

メールアドレス

日本セラピストスクールなら自分のペースで学べます 日本セラピストスクールはあなたの夢を応援します

整体スクール併設サロン

スクール併設サロンリラックスの森