お問い合わせは  小田原校(0465)57−0653
神奈川や静岡から通える整体学校(スクール) トップ  >>コラム一覧  >>植物の癒しの力を取り入れるフィトテラピー 

植物の癒しの力を取り入れるフィトテラピー


フィトテラピーという言葉を聞いたことがありますか?
古来から人間がやってきたように植物の癒しのパワーをいただき、私たちの自然治癒力を活性化し病気や不調を予防したり、改善したりする植物療法のことです。

植物の有効成分をさまざまな方法で体内に取り入れることで、穏やかながらも安全で確実な作用がもたらされます。
フィトテラピーには、ハーブを用いた療法、園芸・森林療法、食療法、フラワーレメディー療法などがあり、アロマテラピーもここに含まれます。

私たちのように自由に動くことができない植物。
生まれた場所で厳しい外的要因にも適応しながら成長していくその生命力はすばらしいものです。
そんな植物の力のサポートを受ける方法を見てみましょう。


◆ハーブティー

植物のパワーをいただくために一番手軽で生活に取り入れやすいのは、ハーブティーかもしれません。
ハーブティーはフレッシュな材料(生のハーブの葉や茎など)か、それらを乾燥させたドライのものをお湯に浸すことで成分を抽出させたものです。
お湯に材料の成分が溶け出してきますので、有機栽培のものを使うようにしましょう。
それぞれの植物の持つ薬効成分を体内に取り入れることができ、また香りで心身をリラックスさせる効果もあります。


◆ハーブチンキ

海外では日常的に使われているハーブチンキは、ハーブをアルコールに浸して水やお湯には溶けない成分を抽出したものです。
ハーブのエキスが濃縮されているので効率的に使うことができます。
家庭でもハーブをアルコールにつけておくだけで2週間ほどでできあがり、1年くらいは保存も可能です。

このハーブチンキは飲み物に数滴垂らしたり、お風呂や足湯に入れたりしてもそのハーブ独自の薬効の恩恵を受けることができます。
また、それぞれのハーブの成分を生かして湿布や手作り化粧品、うがい薬や防虫・消臭スプレーなどさまざまな用途に力を発揮します。



◆ポプリやサシェ

乾燥させた数種類のハーブを混ぜてポプリとして部屋に置いたり、小袋に詰めてサシェにして持ち歩いたりして芳香浴を楽しむことができます。
ハーブは精油よりも作用がおだやかなので、肌の弱い人や乳幼児、妊娠中の方でも安心して使うことができます。


◆入浴剤

ドライハーブを一つかみほど布やお茶のパックなどに入れてお風呂に入れれば香りがよく安全な入浴剤になります。
時間をおくほどエキスも多く抽出されてきて、ハーブの薬効成分を香りとして、また肌を通しても吸収することができます。

植物は眺めたり、そばにいたりするだけでも私たちを癒してくれますが、フィトテラピーとして生活に積極的に取り入れることでますますそのパワーに助けてもらうことができます。
植物のサポートに感謝しながらその大切な恵みをいただいていきたいですね。



学校案内のご請求はこちら    
学校案内のご請求はこちら

受講コース

短期講習

1日講習

どんな整体?無料体験できます!

授業時間

   平 日 10:30〜19:00
   日祝日 10:30〜16:00
   休校日  火曜日

メールアドレス

日本セラピストスクールなら自分のペースで学べます 日本セラピストスクールはあなたの夢を応援します

整体スクール併設サロン

スクール併設サロンリラックスの森